Fußball

Fußballを楽しむ

Fußballとはドイツ語で¨サッカー¨を意味します。

私はドイツに行って本当の意味でサッカーの楽しさを知りました。

ドイツでは練習から勝ち負けにこだわり、試合と同じくらいの迫力で全選手がプレーをしています。その結果よくケンカになり、ひどい時は練習が中断してしまうこともあります。しかし次の日にはお互いが何事もなかったかのように、いつも通り会話し練習が始まります。

日本人の私からすれば最初は不思議な感覚でした。(昨日、あれだけケンカしていたのにと。。。)

ところがそんな日々を過ごしてるうちにあることに気づきました。

それは得点を入れること試合に勝つことに、異常なくらいの執着心があるということです。得点を入れれば全員で喜び試合に勝てばお祭り騒ぎです。そこにレギュラーとかサブという区切りはなく、試合を観に来たお客さんも含めてみんなで騒ぐのです。

そして思ったのです。これが『サッカーを楽しむ』ということなんだと。。。

常に100%全力で、がむしゃらにボールを追いかけ一生懸命プレーするからこそ、試合に勝ったり、得点したり、いいプレーができたとき喜びが爆発し、『サッカーが楽しい』って思えるのです。

そこにサッカーが上手い、下手は関係ないのです。

全力でプレーをすることはカッコイイことなのだと、それが楽しさなのだと自信をもって選手達に伝えております。

Training

ツァイゲンサッカースクールのトレーニングはサッカーの基本となる『止める、蹴る、運ぶ、見る、駆け引きなど』どこにでもあるようなトレーニングを行いますが、どのようにすればそれらを難しく捉えず簡単に捉えてもらえるのか、そしてそれらを『いつ、どこで、どのように』発揮するのかなど、常に試合を想定し一つ入り込んだトレーニングを行っております。

一番大切なことは頭で理解しそれを身体に伝えグラウンドで表現することです。それがたとえ成功しなくても意図をもってやろうとしているかどうかはプレーを観ればわかります。

選手にはいい意味で指導者を裏切るような、驚かせるようなプレーをしてほしいと思っています。